お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

千早赤阪村歴史巡りコース

コースの特徴

標高1,125mの金剛山に抱かれた千早赤阪村。「太平記」にも記されている武将・楠木正成生誕の地・合戦の舞台を探索する歴史巡りコース

所要時間:1日

近鉄長野線 富田林駅 金剛バス2番乗場 千早線
   ↓バス約20分
●バス停「水分神社前」 建水分神社(たけみくまり神社)
〒585-0041 大阪府南河内郡千早赤阪村大字水分357 TEL:0721-72-0534
   ↓徒歩約10分
●楠木正成誕生の地
   ↓徒歩すぐ
●千早赤阪村立郷土資料館
   ↓徒歩約2分
●楠木正成産湯の井戸
   ↓徒歩約25分
●下赤阪の棚田
   ↓徒歩すぐ
●下赤坂城跡
   ↓金剛バス約20分
●千早赤阪村営金剛山ロープウェイ
   ↓金剛山ロープウェイ約6分
●しゃくなげの路
   ↓徒歩約15分
●ちはや星と自然のミュージアム
   ↓徒歩約10分
●金剛山展望台
   ↓徒歩約10分
●香楠荘

  • ちはや星と自然のミュージアム

    楠木正成誕生の地

    楠木正成は永仁2年(1294年)に千早赤阪村水分山ノ井で誕生といわれている。
    楠木正成生誕の地という伝承が残る場所で、平成2~4年にかけて「くすのきホール」建設に伴って発掘調査がおこなわれており、 2重の堀に囲まれた建物跡を確認しています。

  • 星空鑑賞

    千早赤阪村立郷土資料館

    住所:〒585-0041 大阪府南河内郡千早赤阪村大字水分266

    TEL:0721-72-1588

    営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

    休館日:月曜日(祝日の場合は翌日休業)※年末年始は営業予定

    入館料:大人200円・小人100円

    千早赤阪村内の古墳からの出土品、楠木正成ゆかりの品や千早赤阪村の民俗資料などの展示。

  • ちはや星と自然のミュージアム

    楠木正成産湯の井戸

    ヒノキでつくられた階段の先に小さな井戸があり、いまも水が湧き出ている。

  • 星空鑑賞

    下赤阪の棚田

    平地の少ない千早赤阪村では、斜面に階段状に積み重なった田である「棚田」を見ることができます。 平成11年に農林水産省により「日本の棚田百選」に選定された「下赤阪の棚田」は、楠木正成が築城したとされる赤坂城の付近に位置し、 春には「水を引き込んだ棚田」、夏には「青々とした棚田」、秋には「黄金色の稲穂が波打つ棚田」、冬には「雪化粧をした棚田」というように四季折々の美しい姿を見せてくれます。 毎年11月第2土曜日に「金剛山(こごせ)の里 棚田夢灯り&収穫祭」を開催しています。

  • ちはや星と自然のミュージアム

    下赤坂城跡

    元弘元年、鎌倉幕府討幕計画が発覚し、後醍醐天皇が笠置山に逃れました。 楠木正成はこれに合わせて挙兵、この赤坂城を急いで築城しました。 しかし、にわか造りであったため、すぐに落城、正成はいったん退きます。 その後、元弘2年(1332)、正成はこの城を再び奪還、再度落城しますが、千早城での籠城戦の間に幕府は滅亡します。 残念ながら城としての遺構は残存していませんが、「甲取」(かぶとり)、「矢場武」(やばたけ)などの城を連想させる地名が残っています

アクセス

電車をご利用のお客様

近鉄長野線富田林駅で下車して金剛バス
千早線に乗り換え。金剛バス千早線にて千早赤阪村役場前で下車。

お車をご利用のお客様

南阪奈道路羽曳野ICから約11km(約20分)
阪和自動車道美原北ICから約14km(約25分)
ナビで検索する場合は「千早赤阪村役場」で検索してください。